天星號 Celestial Star

Creating Aircraft for FSX

My new aircraft is currently under construction.

 

 

f:id:uenoshing:20200807202131j:plain


The new FSX aircraft I'm currently working on.
Douglas D-558-2.
It's been about 1 month since July 1.
Created at threat speed.

Maybe it will be completed in about 3 months.
It took over a year for the XF-91 and XF-103.


Tested to verify wing and gear movement and rendered to FSX model.
Gear expansion, storage, and suspension movements are done with just a few changes! !!
VC seems to be completed soon.

 

     f:id:uenoshing:20200807202215j:plain        f:id:uenoshing:20200807202219j:plain

I am working on updating XF-91 at the same time as D558-2 since XF-103.
XF-91_v2 will be available soon and will be released soon.
This update has been a major revolution and evolution.

Originally I wanted to release Jaguar instead of D-558-2, but suddenly I was fascinated by D-558-2.

In short, I wasn't really interested in the experimental X-series.
And I didn't know anything about D-558-2.

But one day suddenly...

The first aircraft in the world to record Mach 2.
The beautiful streamlined body is reminiscent of old Japanese aircraft.
If aircraft designer Jiro Horikoshi, who was involved in the "A6M Zero fighter" and "A7M REPPU", was designing a jet fighter, would it be something like the D558-2?

Douglas D-558-2 is similar to "Sirauo" (Saranaceae), a fish that has long been a favorite and eaten by Japanese people.

The cockpit of the D-558-2 is very small.
The pilot stands out when the cockpit hatch opens.
That is my favorite!
I am looking forward to the view from the cockpit window after completion!

 

f:id:uenoshing:20200808001755j:plain

------------------------------------------------------------------------------------------------

これは現在取り組んでいる新しいFSXモデルの、ダグラスD-558-2です。
7月1日から初めて約1ヶ月。
私にしては脅威のスピードで作成されました。

何故かといえば、私の今までの取り組みで腕が上がったせい???
いやいや、D-558-2はほとんどシンメトリーなシンプルなデザインがだからですな・・・。

3か月くらいで何とかなりそうです。多分・・・。
ちなみにXF-91とXF-103は1年以上かかりました。


翼とギアの動きを検証するために、FSXモデルにレンダリングしてみました。
ギアの拡張、保管、およびサスペンションの動きは、わずかな変更で完了します。 !!
VCも案外早く完成しそうです。

製作途中で一度、レンダリングするのはいいですねえ、イメージが膨らんで、わくわくしてきます。

 

私はXF-103のリリース以降、D-558-2と同時にXF-91の更新に取り組んでいます。
XF-91v2は間もなくリリースします。

見た目は変わりませんが、かなりの大変革になりました。


もともとD-558-2ではなく XF10F ジャガーをリリースしたかったのですが、突然D-558-2に魅了されました。
はっきり言えば、実験的なXシリーズにはあまり興味がありませんでした。
なのでD-558-2について何も知りませんでした。

 

しかしそれはある日突然・・・。

 

世界で最初にマッハ2を記録した航空機。
美しい流線型のボディは、古い日本の航空機を彷彿とさせます。
A6Mゼロ戦やA7M 烈風の設計に携わった堀越二郎さんがジェット戦闘機を設計していたとしたら、それはD-558-2のようになったんじゃあないかなあ・・・。

なんか堀越テイストを感じます。(テイルのあたり)


そして,なんかシラウオに似ていませんか。
そこがまたかわいい!!


D-558-2のコックピットは非常に小さい。
コックピットハッチが開くと、パイロットが大きく見えるのがD-558-2の魅力かな。

おもちゃに乗っているみたいなのだ。
完成後、コックピットの窓からの景色を見るのを、自分でも楽しみにしています!

 

その楽しみだけが、この長く苦しい戦いが続く、FSXモデルビルダーのモチベーションでしょうか・・・。