天星號 Celestial Star

Creating Aircraft for FSX

FSX XF-91Aのバージョン1.01への更新。Updated to FSX Republic XF - 91A Thunderceptor_v1.01.

FSX Republic XF - 91A Thunderceptor_v1.01に更新いたしました。

f:id:uenoshing:20190128133640j:plain

v1.0を初めて世間に公開したわけですが、何年もあたためて来た私だけのXF-91が自分のもとから旅立っていってしまったような、なんだか寂しい気分になってしまいました・・・。

しかし、良い感想を持っていただいた方が多く、ホッとしています。

なんせ自己流でここまで来たのですから、3DCGとして技術的におかしなところもあろうかと思います。

是非、厳しい意見も聞いてみたいのです。

f:id:uenoshing:20190128133726j:plain

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

v1.0からの変更点
1:エンジン1のみでの飛行時の出力調整 
2:着陸速度を調整しました。
3:悪天候時に不安定だった飛行性能の向上。
4:燃料量の向上

Changes from v1.0
1: Adjustment output at flight only with engine 1
2: Adjusted the landing speed.
3: Unstable flight performance improved in bad weather.
4: Increase in fuel quantity

f:id:uenoshing:20190128133748j:plain

1:  XF-91A v1.0は、エンジン1のみの片肺飛行の時でのアフターバーナーONの時に、マッハ1.1になってしまいました。

実機の記録では、35000フィートの時に521ノット(時速1000キロちょい)で、音速に達していません。なのでギリギリマッハに達しないように調整しました。

エンジン1のみでアフターバーナーOFFの時もv1.0では最高速が高度35000フィートで359ノット(時速668キロ)で、早いプロペラ機並みではないかという感じでした。

調整後は486ノット(時速900キロは出るようになったので十分ではないでしょうか)。

同じJ47ターボジェットエンジンを積むF-86は最高速が570ノット(約1100キロ)で、XF-91よりも軽いわけで、重量のあるXF-91にはちょうど良い速度では?、と思われます。

ロケットエンジン(エンジン2)を点火すれば、マッハ1.8まで加速します。

 

2:  1の変更に伴い、着陸速度が上がってしまったので、フラップのドラッグ加減を調整しました。他の箇所に影響が出ていなければ良いが・・・。 

 

3:  v1.0は飛行中に不意な上昇気流や突風?などで大きくロールしてしまっていたのを改善しました。これで悪天候でもかなり安定して飛行できます。

これは分っていたのですが、これを直すとまた泥沼にはまってしまいそうだったのでそのままにしていました。(XF-91は全天候型ではなく、天気が良い日にしか飛ばないと思っていたため)。

しかし、やってみたら簡単に原因が分ってしまったので調整しました!!

 

4:  XF-91は、ジェットとロケットの混合動力なのでジェット燃料とロケット燃料を積んでいます。しかし、FSXではロケットエンジンの設定ができません。

なのでXF-91は本来シングルジェットなのですが、ツインエンジンとして設定しています。エンジン1をジェットエンジン、エンジン2をロケットエンジンとしました。

(片方のみで飛行する場合を考え、バランスを崩さないように2つのエンジンをセンターに設定しています。)

したがって、FSXではジェット燃料のみしか設定できませんので、ロケットエンジン分の燃料設定の頭を悩ましました。

v1.0の設定ではロケット燃料分を48ガロンにしていましたが、v1.01では焼く倍の95ガロンにしました。

これは実機のロケット燃料(液体酸素と水エタノールあわせて191ガロンを単純に半分にした量)から割り出した数字で、燃費がどれくらいだとか、多分ロケットは消費が早いんだろうなあと、イメージで95ガロンにしてみました。FSXの中ではジェット燃料として消費されます。

これでv1.0よりは少しは長く飛べますが、もともと約25分の飛行しか考えられていなかったので、このくらいで十分ではないかと思います。

大きなドロップタンク設定にすればより長く、47500フィートまで昇って帰ってこられます。

必要ないときはロケットエンジン(エンジン2)をオフにしてください。

フルスロットルの使いすぎにも後注意ください。

燃料はすぐになくなりますから・・・。

 

この更新で、XF-91Aはとりあえず完成したといえるでしょう。

また気になるところが出れば、更新します。

f:id:uenoshing:20190128133837j:plain

★FSX XF-91A Thunderceptor_v1.01は、FlightSim.com と Simviation でダウンロードできます。

他のサイトにはアップロードしていません。

★FSX XF - 91A Thunderceptor_v1.01 can be downloaded by Flightsim.com & Simviation.

I have not uploaded it to other sites.

 

Uenoshing 2019